BizCrunch

渋谷のスタートアップで働いています。スタートアップで働くことを軸に、ビジネスの動向についてもブレストしていきます

Tech In Asia Tokyo 2015に行ってきました③

f:id:bizcrunch:20150908234912j:plain

昨日に引き続き、アジア最大級のテック系イベント

「Teck In Asia Tokyo 2015」の講演の様子について掲載します。

 

DeNA南場智子氏とスタートアップ2社の「瀬戸際からの帰還(日)」

http://events.techinasia.com/tokyo2015/session/discussion-back-from-the-brink-jp/

南場さんは、個人的に6年以上前にブログを読んでいて

痛烈な内容が面白かったのでよく読んでいましたのと

「不恰好経営」がかなり面白かったので個人的に一番みたい講演でした。

 

不格好経営―チームDeNAの挑戦
 

 

f:id:bizcrunch:20150909001748j:plain

実際に話しているのを聞いたのは初めてでしたが

予想に反して、タメ口全開。

 

この講演の趣旨としては、

南場さんとスタートアップの経営者2人の

「失敗」についてのディスカッション。

南場さんがモデレーターとして会話をリードしつつ2人から話を引き出していました。

 

南場さんのお相手は、

海外出張手配プラットフォームの「ボーダー」というサービスの代表の細谷氏と

フードデリバリーで失敗を経験した堀江氏の二人。

 

二人とも最初のビジネスで失敗した経験があり

この講演では失敗を通して学んだことを南場さんが掘り下げていく構成でした。

 

細谷氏は、UCLAMBAをうけているときに知り合った日本人のパートナーと最初のビジネスを起業。

しかし責任分担が50:50と曖昧になってしまい、方向性の違いから早々にクローズしたとのことでした。

一番興味深かったのは、起業の経緯。

UCLAには起業サークルがあり、なんでも頻繁に起業家が会いにくるそう。

そしていいアイデアにシードファンディングをするそうです。

細谷氏が受けた投資は180kドル。日本円で2000万くらい。

起業というエコシステムが本当に出来上がっている、というのを非常に感じました。

また、MBAの価値についても、

MBAを一人雇うくらいならエンジニアを二人雇え」ということが定説になっているくらいMBAの価値というのは昔に比べると下がっているようです。

特に初期のスタートアップでは「作れる人」の方が重宝するのは当然かもしれませんね。

 

一方の堀江氏。

学生時代にサイバーエージェントの上場を見て、経営に興味を持ち

当時自分で考えてうる最高の大学である「慶應」に入り

アメリカで流行り始めていたフードデリバリーのビジネスを学生時代に始めたとのこと。

こちらの失敗は、マーケットが大きくなって大企業などの強豪が多く入ってきたため

クローズせざるを得なくなったということ。つまり勝てない業界に入ってしまったことが失敗であったと語っていました。

このあたりは「不恰好経営」でヤフオクと長い戦いをして失敗をした南場さんも共感していました。

いまは「勝てる市場」を見つけて黒字転換しているとのこと(何をしているかは一般には明かせないとのことでした)

 

両名とも、「失敗しないと学べないことがある」というような失敗に対する考え方が前向きだったのが特徴的でした。

 

そして初日を締めくくるSNS代表堀江氏

 

f:id:bizcrunch:20150909194804j:plain

 

 

「日本のハードウェア:現状とこれから 」というタイトルで

日本のハードウェアベンチャーについて、起業家と投資家の観点からのディスカッションでした。

 

これについては思ったよりもフリートークだったので

主な論点を紹介すると

・日本の研究室にはGoogleの自動運転のようなことを15年前からやっている人たちが非常に多い。

・そういう研究室の人たちは、研究室にいることで「数億の予算」「名誉」「ノーリスク」というおいしい条件にいるのであえてリスクをとって起業とかしない

・ハードウェアはお金がかかるからVCも及び腰

・打率の高いVCは、リスクをとってあまりわからない業界に投資すべき

・日本にはテクノロジーを信じて、経営をしてくれるCEOがいない。

知財、アイデア、特許があれば、大手企業と組まなくても外注で大抵のものは作ることができる。

 

ホリエモンのハードウェア業界に対する提言のようなセッションでした。

確かに以前トヨタ傘下のとあるDENSOの方と話したときにも

最近流行りの自動ブレーキの技術はずっと前からあった。

あったけど、お蔵入りになっていた。と言っていました。

 

研究室のシードは大抵大企業へ売却してエグジットになる傾向が特に製薬とかでは多いようですが

リスクを取れる研究者と経営するCEOがいれば

日本のものづくり系ベンチャーは世界的にもまだまだ勝算があるのかもしれません。

 

 

 

 

 

Tech In Asia Tokyo 2015に行ってきました②

シンガポール発のスタートアップイベント

「Tech In Asia Tokyo 2015」に行ってきました。

 

昨日に続き、初日の講演について、参加したいくつかの講演について。

 

まずKeynoteのTech in Asia、コンテンツ戦略ディレクターの

David Corbin​氏による「アジアの資金調達状況」

http://events.techinasia.com/tokyo2015/session/keynote-funding-trends-in-asia-jp/

各業界ごとの資金調達額の過去3年の推移

f:id:bizcrunch:20150908231653j:plain

決済が非常に伸びています。

SmartNews, Gunosy等のキュレーションメディアや

Innova等のようなコンテンツマーケティング関連の企業が増えたことでメディア系もかなり増えていますね。

教育関連については、Couseraなど一気にサービスが増えて桁がひとつ変わるほどの増額。

 

f:id:bizcrunch:20150908232037j:plain

決済ではないですが、bitcoinなどのバーチャル通貨はトラブル等もあり少額にとどまっています。

通貨系・決済系はプレイヤーが決まるとなかなかインフラとして乗り換えが難しいので

新企業の参入はかなりハードルが高いのが特徴といえます。

ゲーム系は引き続き好調ですが、Corbin​氏によると投資家も

「ヒットを生むのも、生み続けるのもかなり大変」ということに気づいたということで大きな増額はないようです。

 

スタートアップの参入については、投資が多いところは狙い目ではありますが

既に多くの投資が集まっている業界に入っていくのは大手企業の参入や競合も多く

かなりニッチなニーズに絞っていくことが重要なようです。

一方、こういった盛り上がりが顕著になってきている業界の海外系企業との提携や

日本進出を狙ってか、大手企業の新規事業開発のような方もきていました。

 

続いて、クラウドワークスの吉田社長と日経BPの原氏による

CROWDWOKSは日本をどのように変えていくのか(JP)

http://events.techinasia.com/tokyo2015/session/fireside-chat-the-economy-of-everything-how-crowdworks-is-transforming-japan-jp/

 

f:id:bizcrunch:20150908232927j:plain

主にHP制作やデザインなどウェブ関連のアウトソーシングで昨年マザーズ上場を果たしたクラウドワークス。

ちょうど先日赤字の見通しを発表したこともあってか

日経の原氏からの質問は出だしから業績などに関連するものが多く

吉田氏も想定(講演タイトル)と違った質問ばかりで困った様子でした

www.nikkei.com

業績関連の質問については、日経で近々記事がでると思うので割愛するとして

特に印象に残ったのは、クラウドワークスの今後の可能性。

「働き方革命。」といっていましたが

クラウドワークスの保有する膨大な個人の収入データを利用することで

「個人の与信」を取ることができるようになってくると

つまり、今までは住宅ローンにしても、

「所属する企業の与信・信用」を基準としてレートが決められていたが

個人としての実績や収入がわかることで

そういったことが個人の与信で判断可能になるとのこと。

これは、金融機関や保険会社などにとっても大きなビジネスチャンスを生むんじゃないでしょうか?

また特に日本では学歴しか判断材料がほぼ無いといえる新卒の就職活動などでも

こういった与信を採用の判断材料とすることができるかもしれないですね。

 

明日はDeNA南場氏とSNS堀江氏の講演について掲載します。

 

Tech In Asia Tokyo 2015 に行ってきました

f:id:bizcrunch:20150908223239j:plain

シンガポール発の大型スタートアップイベント

「Tech In Asia Tokyo 2015」に行ってきました。

 

参加料もしっかりした値段で

シンガポールバンコクなどアジア各地で実施されている国際的なイベントだけあって

海外勢の参加が非常に多かった印象です。

その分、参加者の熱気からスタートアップの勢いを非常に感じるイベントでした。

 

出展しているスタートアップがブースを構える通路

f:id:bizcrunch:20150908223837j:plain

 

参加者はかなり積極的にブースに立ち寄り

意見交換や自社サービスの紹介をしていました。

ご覧の通り、外国人比率が非常に高く会話も英語がかなり多かったです。

 

またVCなども多く参加しているイベントのため

スピードデイティング(Speed Dating)もありました。

このコーナーでは希望者がVCや投資家に3分のピッチを行えるというもの。

f:id:bizcrunch:20150908224255j:plain

海外の投資家やVCにピッチする機会は日本ではほとんどないので

非常に貴重なチャンスです。

これだけでもスタートアップ枠の金額で会場に入るが価値はあるかもしれません。

 

投資家はもちろん、スタートアップ同士の交流の場にもなっているので

そこかしこで「久しぶり!」というような交流が見られました。

私のいるスタートアップのブースにも

「社長を知ってるよ、元気?」のような声をかけてくれる人がかなりいました。

 

以前に今年の4月に参加したシンガポールの「Smart Nation2015」でも感じましたが

スタートアップ系のイベントは、みんな楽しそうで好きです。

自分のアイデアや新しいアイデアにわくわくしてる人

楽しんで仕事をしている人(というか仕事と思ってないかも)がたくさんいるからでしょうね。

サラリーマンの参加するイベントと違う点だと思います。

 

明日9日も2日目があるので、興味のある方、スタートアップの方は

是非顔を出してみてください。

http://events.techinasia.com/tokyo2015/

 

今日出席した、Keynoteクラウドワークス吉田氏、DeNA南場氏、SNS堀江氏の講演の内容は明日また更新します。

 

 

 

 

 

 

難民の受け入れと移民政策

ハンガリー:ドイツとオーストリアに国境閉鎖を要求

最近ニュースでよく見かける中欧の難民流入に関するニュース

 

各記事のニュアンスを見ると、いずれもネガティブな表現が多いように感じます

ドイツ 難民受け入れを南部の州政府が批判

ディア報道:難民に紛れてイスラム国戦士4000人が欧

 

確かに

イスラム国戦士のようなテロの要素

・治安悪化の懸念(難民を被害者、加害者両方にする可能性)

・難民受け入れについての経済的負担

 

こういった要素が主な懸念材料となっているようです。

個人的には、労働力の観点からすると、必ずしもマイナスではないのではないか

と思います。

記事を読む限り、非常に前向きにがんばる気持ちでドイツへ向かっているようです。

特に日本のような人口が暫く増える見込みすら立っていない国では

給料の安い仕事でも一生懸命やってくれる労働力は非常に貴重だと思います。

 

日本は難民の受け入れを先進国では稀なほど、ほぼ行っていないことで批判を受けているようですが(島国という特性もあると思いますが)

今後、移民を増やしていかないとコンビニや牛丼チェーンなどの低価格帯のお店は運営が成り立たなくなってくるはずです(現に時給はひと昔前よりもかなり高騰しています)

 

そうなると、そういった日本で暮らす外国人向けのサービスなどはさらに需要が高まってくるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

楽天と丸紅「参加型の電気」めざす--20兆円を超える電力小売市場をめぐる企業の動き

楽天と丸紅が電力小売に参加するようです。

 

楽天は1億人以上いると言われている楽天会員という需要側

 

丸紅は、ガス発電や太陽光、水力などの供給側新電力の大手です。

 

電力のビジネスは、需要と供給のバランスを如何に合わせるかが肝であるため

 

今回のような需要側大手と供給側大手の提携は理にかなっています。

 

国内の電力ビジネスは戦後以来ながらく国の規制ビジネスであったため

 

ノウハウが完全に国内の5電力に閉ざされたマーケットでしたが

 

4年前の震災、原発への反対の気運によって20兆円と言われる巨大マーケットが出現します。

 

スタートアップ界隈では、主に小売の相見積もりサービス「エネチェンジ」が有名です。

 

f:id:bizcrunch:20150901224312p:plain

 

いままでは、東京に住んでいたら東京電力からしか買うことができなかった電力が

 

他の企業からも買えるようになるのが「小売自由化」というものです。

 

エネチェンジのビジネスモデルはイギリスのUChangeなどと同じです。

 

これだけのマーケット規模ですので、当然既存の大手企業がこぞって参入してくることは必至ですのでどうやって差別化していくかが重要

 

実際に価格コムなどの「比較」系ビジネスを強みとしている企業は多く取り組みを始めています。

 

今後、DMMやTSUTAYA,ソフトバンクAU、NTTなど顧客基盤を持った企業が

 

取り組みを始めるとおもわれます。

 

ただ注意しなければいけないのは、電力ビジネスが未だに「規制産業」であり

 

数多の「既得権益」で縛られていること。

 

また特殊な法律や規制が多くあるため、紹介など表面的なサービス以外で

 

安易に手を出すと怖い業界でもあります。

 

そのあたりが太陽光発電のようなビジネスとは異なる点かもしれません。

 

 

医者の評価サイトは成り立つのか


スタートアップで働くと、当然保険証も変わります。

社会人人生初の保険証の切り替えでしたが

大企業なら担当部署の人が入社が決まった段階で

もろもろ手配してくれているのでしょうが

(たしか自分の新卒時の記憶では仮保険証なるものがあったような気がします)

しかしスタートアップでは当然社内のオフィスマネジャーという担当者が

他の仕事の合間に手配しますので、当然遅れます。

その間に病気にならなければいいかぁ、

と油断はしてたわけではないですが、まんまと病気になりました。

39度近くの熱と頭痛

地元の内科医にいくと、扁桃腺の風邪とのことで、あれやこれやで3種類くらい薬を出されます。

保険証がないことを告げると

「月末なので自費でお願いします」

と、何か末締めの何かの理由はあると思うが熱で聞く気になれないため

自費。

薬局も自費。

翌日も熱が全く下がらず、むしろ酷くなっていたので再診

自費。

医師「もう一回みせてください」

   「あー、これはひどいね。」

私 「は?」

医師「ってそういう意味じゃないて、昨日もみたんだけどね、これは酷いですね。昨日の薬じゃ効かないですね。」



その後、扁桃腺について高熱のなか、自分で調べあげ、耳鼻科が正しい係り先だと

さらに翌日、別の耳鼻科へ行った結果



1日で熱と頭痛がほぼなくなるという結果に。



すべて自費なので、3日医者と薬局で2万円弱。


以前から巻きづめや、ニキビやらで

「医者がすべて知っているわけではない」

「医者は絶対に知らないと言わない」

「間違っているかもしれない処置でも行う」

ことを身をもって知っていたので今回のことについて特に驚くに値しないのだが

町医者の評価サイトはないのだろうか? ということは普段から思っていた。

あるか、ないのか

でいうとまとめにいくつかあるのだが

病院口コミサイトまとめ

果たしてこれは役立つのだろうか?

実際に見てみると、大抵の口コミは、

「わかりやすく説明してくれました」

「丁寧に対応してくれました」

など結構大雑把な内容がほとんどであまり病院間で差がつきにくい。

実際に私が最初に行った内科も、高級そうな感じで

海外のディプロマも飾ってあり、感じのいいおじさんであったが

「間違えちゃった、てへぺろ」みたいな診断ミスをしています。

逆に

3日目に行った耳鼻科は、愛想悪く、早口で、乱暴でしたがおかげでなおりました。

こう考えると、医者の評価サイトは食べログの口コミや

ましては「まだ届いてませんが期待を込めて5★」みたいな意味のない口コミも含めて

主観的な評価では、本質的な評価サイトのニーズと異なっていると思います。

誰も、どの医者が親切で丁寧か(サブサービス)を主目的として評価サイトを見ているわけではなく

ちゃんと治してくるのか、治せるのか、誤診はないのかなど(メインサービス)の評価を知りたいので

「親切でした」「丁寧でした」では大して役にたたないのです。

手塚治虫先生の「ブラックジャック」も無愛想で、高額を請求して、ろくな説明もしないけれどもメインサービスが圧倒的に優れているから選ばれる。

とはいえ民間人では、単なる風邪の処方が優れているかどうかなんて知りようがないので

より「悪い口コミ」がわかりやすくでるようなサイトにするか

過去の医療事故などを情報として載せるとかしないといけない。

そして誤診等を繰り返す病院は淘汰、またはよくわかったカテゴリー(高齢者向けなど)に特化して

より優れた医者のところに客と若い医師が集まって

より良い医師が育っていく。。

あまり病院界隈に詳しくありませんが、そんな風になれば評価サイトも作る価値があるんじゃないでしょうか


ただ、現状のサイトを見てみると病院数が圧倒的に多いのにたいして

情報が少ないような気がしますので、取り組み方はまだ工夫が必要そうですね

新規事業と外野の切っても切れない関係

airbnb


大企業にいたときは新規事業をやっていましたが

スタートアップも新規事業も同じく言えることが

「意思決定の難しさ」

サービスや商品がカチッと固まっていない新しい商品は常に意思決定にさらされます。

例えば八百屋さんやスーパーであれば野菜や商品の定義やルールが変わることはほぼないですが
例えばairbnbやUberのような全く新しいサービスは常にいろんなツッコミがいろんなところから入ります。
airbnbもUberも両方とも素晴らしいサービスですが

日本の市場ではairbnbはタクシー業界に非常に警戒されていますし

airbnbも旅館ホテル業界に非常に警戒されています。
Airbnbは法律的に許容される存在になれるのか|現行法に違反する可能性と今後の法規制

こうした環境のなかで何が大事かというと

「ブレない軸、理念」

だと思っています。


実際に始めてみるとわかりますが、同じ社内や友人、取引先など

いろいろなところから「これ、こうなんじゃない?」みたいなことを

したり顏で言ってくる外野が出てきます。

もちろん真剣に懸念してくれていっている場合が多いですが
自分は安全なところにいてしてやったりと言う顔で評論してくる外野もいます。

 
どちらの場合も大体の場合、スルーしないといけないことが多いです。

批評家の意見は、大抵、痛いところをついた俺はすごい

をアピールしたいだけなので、大して参考になることを言ってくるわけでもなく

じゃー、その意見を一緒に突き詰めるとすぐ別の問題に行き詰まって

「あんまり考えてないで言った」だけなことが露呈します。
 
心配していってくるひとも大抵の場合は背景などわかっていないのて

いちいちこの人たちの意見を真剣に聞いていると、サービスなり商品はすぐダメになってしまうので注意が必要です。

忘れてはいけないのが、「誰のために、何故このサービス・商品」を提供しているのか

ビジネスに完璧に正解な答えはないので、この軸はしっかり考えている必要が当然あります。

この軸に沿ってしっかり考え抜いていれば周りの社員や顧客を説得することもできます。

逆にこれができていないと、誰かに何か言われるたびに、右往左往してしまいます。

ただ、難しいのが、とはいえ顧客の意見や前向きな改善提案はちゃんと受け入れること。

自分の軸や、やりたいことに集中するあまりに、まったく的外れな商品を自己満で作ることになりかねません。