BizCrunch

渋谷のスタートアップで働いています。スタートアップで働くことを軸に、ビジネスの動向についてもブレストしていきます

難民の受け入れと移民政策

ハンガリー:ドイツとオーストリアに国境閉鎖を要求

最近ニュースでよく見かける中欧の難民流入に関するニュース

 

各記事のニュアンスを見ると、いずれもネガティブな表現が多いように感じます

ドイツ 難民受け入れを南部の州政府が批判

ディア報道:難民に紛れてイスラム国戦士4000人が欧

 

確かに

イスラム国戦士のようなテロの要素

・治安悪化の懸念(難民を被害者、加害者両方にする可能性)

・難民受け入れについての経済的負担

 

こういった要素が主な懸念材料となっているようです。

個人的には、労働力の観点からすると、必ずしもマイナスではないのではないか

と思います。

記事を読む限り、非常に前向きにがんばる気持ちでドイツへ向かっているようです。

特に日本のような人口が暫く増える見込みすら立っていない国では

給料の安い仕事でも一生懸命やってくれる労働力は非常に貴重だと思います。

 

日本は難民の受け入れを先進国では稀なほど、ほぼ行っていないことで批判を受けているようですが(島国という特性もあると思いますが)

今後、移民を増やしていかないとコンビニや牛丼チェーンなどの低価格帯のお店は運営が成り立たなくなってくるはずです(現に時給はひと昔前よりもかなり高騰しています)

 

そうなると、そういった日本で暮らす外国人向けのサービスなどはさらに需要が高まってくるのではないかと思います。